お葬式で行うお経の意味

お葬式で行うお経の意味 通夜でもお葬式でも僧侶が唱えるお経を聞くことが多いです。最近は僧侶を呼ばずに自由な形で行うお別れ会的な式も多くなっていますが、やはり仏式の多い日本では僧侶が読経しに来るのが一般的です。日本は無宗教な方が多く、死に対する恐怖を持っている人が多いといいますが、自身で信仰している宗教を持っている方の中には、死後の世界がありそこに安心して旅立っていくと考える方もいます。しかし、実際には生きているうちは死後の世界があることは分からないため、死に対する漠然とした不安や恐怖を抱えている方も少なくないでしょう。

お経は、亡くなった人に向けて読むだけでなく、遺族の気持ちを慰めるためにも読まれます。亡くなった方に向けての読経は、あなたは亡くなったのだということを、故人に知らせる意味を持っているとも言われています。お釈迦様の教えには、お経は生きている者たちが先祖を尊び偲ぶためとしています。しかし、お葬式の際のお経は、亡くなった方に向けて語り掛け、命が尽きたこと、亡くなったということをしっかり伝えるためのものです。遺族にとってその死が急なものであるほど、自分に起きた現実のことだと受け止めがたい状態になります。僧侶が読んでいるお経を聞き、大切な方が本当に亡くなったのだということを理解するためにも、必要なものだと考えられているのがお経です。

お葬式の際には死者に亡くなったことを理解してもらうために行うものとされますが、法要で読む場合、亡くなった方に死んだことを悟らせるためにも行なわれます。亡くなってから、法要は初七日、四十九日、一周忌と行われます。通常、四十九日を過ぎると霊ではなく、あの世に向かうと言われています。

何度も何度も、こうした法要でお経を読むことによってこの世に対する未練を捨て、成仏できるようにしていくのです。法要を重ねていくと、次第に遺族も苦しかった心、悲しみでいっぱいだった心が薄れ、故人の良き思い出を振り返る場となります。お経は故人にとっても、また遺族にとっても心をなだめ、今を知り、気持ちを穏やかにするものです。聞いても意味は分からないがなんだか包まれるような気持ちになったり、自然と悲しみの気持ちを素直に出すことができたり、お経によって気持ちが整えられていることもあります。何かしら心に感じる事のあるお経について、どのような意味を持ち、どのような内容が読まれているのかをここで紹介します。

最新ニュース